お子様の成長に合わせて、部屋づくりを考える!

スポンサードリンク



広島の整理収納アドバイザー&ルームスタイリストプロのakikoです。ご覧いただきありがとうございます。

 

今日の午前中は、電話アドバイスの仕事でした。

遠方のお客様へはお電話で、片付かない原因、片付けの進め方、完成イメージ、暮らし方、他いろいろなことをお話しさせていただきますが、いただいたお写真を拝見すると、「片付かない原因はこれだな」って必ずあるんですね。

 

モノが多いというのも片付かない原因のひとつですが、今日のお客様のお写真を見る限り、要らないモノがほぼないと言っていいくらい、モノは適量です。

 

では、なぜ子供部屋だけが散らかってしまうのか・・・

大きな原因は、お子様が小さな頃に買われた収納家具が、成長した今の身長には使いづらいものになっているということ。

使いにくければ、しまいにくいので、置きやすいところに置いてしまいますよね。

だったら、置きやすいところに置き場所を変えてあげた方がいいのだと思います。

 

あと成長とともに、学校や習い事でモノは増えていきます。すべて必要だから減らすことはできません。

そして洋服にしても、カバンにしても、小さいモノから大きなモノへ変わってきます。

今まで、小さな棚、少しの引出しで収まっていたモノが、モノひとつひとつが大きくなると、もう収まらなくなり、棚から、引出しから溢れてくるでしょう。

そうなると、収納の仕方、部屋づくりも変えていかなくては、片付かない部屋になってしまいます。

 

収納の仕方、部屋づくりも、その家その家で、間取りも広さも使い方も違うから、これが正解ということはありませんが、どんな家でも工夫をしながら、暮らしやすい形を作っていただきたいと思います。

 

もっと広かったら、もっと収納スペースが多ければと不足を考えてもしょうがないから、今の家で、どう快適に広々とした空間が作れるか楽しみながら工夫をしてみくださいね。

広い家でも、モノがいっぱいで狭くなり、片付かない家はありますし、狭くてもモノの量を考え、収納を工夫し、スッキリ広々と暮らしていらっしゃる方も多いです。

 

大人の空間は、一度片付け、使いやすい収納を作られたら、そう変えることはないと思います。

でも、お子様は、生まれて、幼稚園、小学校、中学校、高校・・・と成長、暮らしの変化で、持ち物の数も大きさも変わっていきますので、小さいうちはとくに、親が気付き、成長に合わせて、部屋を作り変えていっていただきたいと思います。

 

↓ランキングに参加しています↓ポチッと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ  
にほんブログ村    整理・収納ランキング

いつもありがとうございます♡


スポンサードリンク



サブコンテンツ

このページの先頭へ